ドバイ不動産マニュアルへようこそ! 弊社ではドバイで初めて不動産を購入される方にも安心していただけるようサポートをしております。マンションタイプや戸建てタイプ、中古物件から計画段階のものなど多種多様な形態が存在するドバイの不動産は一見複雑怪奇に見えることでしょう。また、投資用なのか居住用なのかも物件選びにおいては重要です。  

弊社はドバイで15年以上ドバイの不動産取引をサポートするだけでなく、弊社自身も不動産開発を行ってまいりました。正確な情報と経験に基づき、お客様をサポートさせていただきます。 こちらでは6つのステップに分け、ドバイの不動産選びをスムーズに行う方法をご紹介いたします。

 

 

ステップ1 エリア(コミュニティ)を決める

まずは自身が不動産を探すエリアについて検討しましょう。 メトロの近く、職場の近く、空港に近いこと等々。これらはエリアを決定する上で重要な要素になります。またドバイはエリア(コミュニティ)によってさまざまな特色があります。ゴルフコースがコミュニティ内に存在するエリア。高層ビルが林立し観光地へ近いコミュニティ。セキュリティ面で安心なゲート式コミュニティ。その特徴は千差万別です。 まずは自身がどんなことを重視するかを定め、エリアを決めましょう。 また投資用の場合は高いリターンを得ることが目的となるでしょう。現在の市場のトレンドを把握し選択するコミュニティを決定することが重要です。 .

  

ステップ2 物件の種類を決定する

ステップ2 物件の種類を決定する 次に物件の種類を決めましょう。マンションタイプなのか戸建てなのか。いくつの部屋があるのか。計画段階のものなのか中古物件なのか。通常のレジデンスなのか、ホテルのサービスがついているのか。 ドバイの物件はその種類も多種多様です。それぞれにメリット・デメリットが存在し、家族の人数や用途によって適切な物件は異なります。また投資用の場合は市場のトレンドによって適切な物件を決定する必要があるでしょう。 もしわからない点がございましたら弊社にご相談ください。いつでも適切な種類の物件をご紹介させていただきます。 ステップ2 物件の種類を決定する 次に物件の種類を決めましょう。マンションタイプなのか戸建てなのか。いくつの部屋があるのか。計画段階のものなのか中古物件なのか。通常のレジデンスなのか、ホテルのサービスがついているのか。 ドバイの物件はその種類も多種多様です。それぞれにメリット・デメリットが存在し、家族の人数や用途によって適切な物件は異なります。また投資用の場合は市場のトレンドによって適切な物件を決定する必要があるでしょう。 もしわからない点がございましたら弊社にご相談ください。いつでも適切な種類の物件をご紹介させていただきます。 .

  

ステップ3 予算の決定

次に予算を決定しましょう。3000万程度から100億円超まで。ドバイの不動産の価格もピンキリです。また計画段階のものは分割での支払いが可能な物件もございますしローンを組むことも可能です。ご不明な点がございましたら、大まかな金額を弊社に一度ご相談いただければ適切な選択肢をご提案させていただきます。ローンのご相談も承っております。

                                                                       

ステップ4 詳細の情報を請求する

ステップ4 詳細の情報を請求する 以上の3ステップで決定した条件を弊社にお伝えください。それらの情報をもとに弊社のスタッフが適切な物件をご紹介させていただきます。またこれらを具体的に購入する際の流れにつきましてもご案内させていただきます。この際、注意点としてRERA認定セールスエージェントまたはRERA認定の不動産会社に相談することを強くお勧めいたします。残念ながら、古い情報や虚偽の情報が氾濫している実態があります。必ず、問い合わせを行う会社の経験年数と実績を確認するようにしてください。 . 

 

ステップ5 実際に内見を行う

お客様よりご希望の条件を頂戴し物件を決定後、弊社担当より物件の写真やパンフレット、間取りなどをお送りさせていただきます。またそれらをもとに実際の内見のご予定を立てさせていただきますのでご希望の日付をお伝えいただければと思います。 またオフプランと呼ばれる計画段階の物件につきましては実際の物件をお見せすることができません。ご不明点などある場合はご質問いただければサポートさせていただきます。 .

 

ステップ6 物件の予約をする

気に入った物件を見つけた場合は迅速に予約を行ってください。ドバイの不動産は連日取引が発生しています。内見を行い気に入った部屋がその日の夕方にはすでに埋まることも珍しくありません。予約金額は通常、物件価格の5%~10%です。小切手での支払いが一般的ですがそのほかの支払いにつきましてはご相談ください。 .

 

 

おめでとうございます!これで物件の購入へ向けた準備は完了です!


  

完成済みの物件をローンを組んで買う方法

(手続きの完了まで3週間から1か月かかります。)

 

 ステップ 1

事前手続き

売り手に対し購入のオファーを出す前に、該当する銀行より住宅ローンを組むことの事前承認書を取得しましょう。 実際にローンが組めない可能性もありますのでこの際に取得してください。

 

 ステップ 2

手付金

売り手との間で購入金額に合意が取れた場合、まず初めに購入金額の10%分の小切手を 発行する必要があります。UAEに拠点を置く銀行であればどの銀行でも可能ですが現在の日付で発行する必要があります。この小切手は売り手のエージェントが保管し即日現金化されることはありません。保管され現金化はされません。また契約が完了した際は購入者に返却されます。 また売主は、買主の過失や契約違反により取引を成功させることができない場合、セキュリティ・チェックを没収し、現金化する権利を有します。同様に、売主が自らの過失または契約違反により譲渡を成功裏に完了できなかった場合、売主は買主に対して、買主の保証小切手と同額の違約金を支払う必要があります。

 

 ステップ 3

本契約 契約書Fへのサイン

契約書Fへのサインをもって正式に物件を購入する旨の意思表示となります。この契約書は弊社エージェントによって作成され、双方が合意した条件を書面にて確定します。またこの契約書へのサインをもって両当事者が取引を完了することへ法的な合意をしたことになります

 

 ステップ 4

不動産評価

本契約書へのサインが完了すると購入者はローンを受けるために銀行に不動産の査定を依頼する必要があります。RERAに認定を受けたエージェントが実際に物件を訪問し物件の評価証明書を銀行に発行します。この手続きは2日~1週間程度かかります。

 

 ステップ 5

ローンを組む

不動産の評価証明書が発行され、買い手がそれに合意した場合、銀行が最終的なローンオファーの文書を発行します。買い手がこれに合意すると銀行は物件購入のための小切手を用意します。外国人の場合ローンを組むことができる金額は物件価格の最大75%、UAE国籍の場合は最大80%です。この手続きも同様に2日~1週間程度かかります。

 

 ステップ 6

物件譲渡許可書の申請

銀行より最終のオファーを受け取った売主はデベロッパーからの譲渡許可書を申請します。この申請方法はデベロッパーによって異なっており、売主と買主が双方の同席が必要な場合もあります。この手続きはデベロッパーによっては1週間以上かかる場合があります。

 

 ステップ 7

所有権の移転

不動産の所有権移転に関する許可書が発行されたらすぐに売主、買主の両者でRERAのオフィスにて不動産移転の手続きを行います。この際買主は必要な支払額の小切手、売主は不動産の移転に必要な書類を携行する必要があります。 この手続きでは買主は必要額に相当する小切手を売主に手渡しし、ドバイの土地局より買主の名前にて不動産所有証明書が発行され移転が完了します。

  

これでローンを組んで物件を購入する手順は完了です。ご不安点などございましたらいつでもお問い合わせください  

 

 

 

ローンが設定されている物件をローンで買う場合

(手続き完了まで6-8週間かかります)

 

 ステップ 1

事前手続き

売り手に対し購入のオファーを出す前に、該当する銀行より住宅ローンを組むことの事前承認書を取得しましょう。 実際にローンが組めない可能性もありますのでこの際に取得してください。

 

 ステップ 2

手付金

売り手との間で購入金額に合意が取れた場合、まず初めに購入金額の10%分の小切手を 発行する必要があります。UAEに拠点を置く銀行であればどの銀行でも可能ですが現在の日付で発行する必要があります。この小切手は売り手のエージェントが保管し即日現金化されることはありません。保管され現金化はされません。また契約が完了した際は購入者に返却されます。 また売主は、買主の過失や契約違反により取引を成功させることができない場合、セキュリティ・チェックを没収し、現金化する権利を有します。同様に、売主が自らの過失または契約違反により譲渡を成功裏に完了できなかった場合、売主は買主に対して、買主の保証小切手と同額の違約金を支払う必要があります。

 

 ステップ 3

本契約 契約書Fへのサイン

契約書Fへのサインをもって正式に物件を購入する旨の意思表示となります。この契約書は弊社エージェントによって作成され、双方が合意した条件を書面にて確定します。またこの契約書へのサインをもって両当事者が取引を完了することへ法的な合意をしたことになります

  

ステップ 4

ライアビリティレターを申請する

最終契約書が署名された後、売主は自身がローンを組んでいる銀行に対しライアビリティレター(瑕疵担保責任証明書)を申請します。この証明書には売主のローン残高が記載されています。 銀行により異なりますがこの手続きには10-15営業日かかります

 

 ステップ 5

不動産評価

本契約書へのサインが完了すると購入者はローンを受けるために銀行に不動産の査定を依頼する必要があります。RERAに認定を受けたエージェントが実際に物件を訪問し物件の評価証明書を銀行に発行します。この手続きは2日~1週間程度かかります。

 

 ステップ 6

ローンを組む

不動産の評価証明書が発行され、買い手がそれに合意した場合、銀行が最終的なローンオファーの文書を発行します。買い手がこれに合意すると銀行は物件購入のための小切手を用意します。外国人の場合ローンを組むことができる金額は物件価格の最大75%、UAE国籍の場合は最大80%です。この手続きも同様に2日~1週間程度かかります。

 

 ステップ 7

売主のローンを決済する

売主より残りのローン金額の証明書、買主より新たなローンのオファーレターが発行され次第、買主の銀行は売主の残りのローンの全額を決済します。 この手続きは3-5営業日かかります

 

 ステップ 8

クリアランスレターの発行

売主の銀行は、物件に対するローン残高の全額を決済した後、モーゲージクリアランスレターを発行します。抵当権抹消許可書は、ドバイ土地局およびデベロッパー宛に発行され、売主ではなく買主の銀行のみに渡されます。買い手の銀行は、モーゲージ・クリアランス・レターと一緒に、売り手の銀行から不動産の権利証の原本も受け取ることになります。 この手続きは10~15営業日かかります。

 

 ステップ 9

物件譲渡許可書の申請

銀行より最終のオファーを受け取った売主はデベロッパーからの譲渡許可書を申請します。この申請方法はデベロッパーによって異なっており、売主と買主が双方の同席が必要な場合もあります。この手続きはデベロッパーによっては1週間以上かかる場合があります。

 

 ステップ 10

所有権の移転

不動産の所有権移転に関する許可書が発行されたらすぐに売主、買主の両者でRERAのオフィスにて不動産移転の手続きを行います。この際買主は必要な支払額の小切手、売主は不動産の移転に必要な書類を携行する必要があります。 この手続きでは買主は必要額に相当する小切手を売主に手渡しし、ドバイの土地局より買主の名前にて不動産所有証明書が発行され移転が完了します。

  

これでローンを組んで物件を購入する手順は完了です。ご不安点などございましたらいつでもお問い合わせください

 

 

 

すでに支払い済みの物件を現金で購入する場合(1週間~2週間)

 

 ステップ 1

すでに支払い済みの物件を現金で購入する場合(1週間~2週間)

売り手との間で購入金額に合意が取れた場合、まず初めに購入金額の10%分の小切手を 発行する必要があります。UAEに拠点を置く銀行であればどの銀行でも可能ですが現在の日付で発行する必要があります。この小切手は売り手のエージェントが保管し即日現金化されることはありません。保管され現金化はされません。また契約が完了した際は購入者に返却されます。 また売主は、買主の過失や契約違反により取引を成功させることができない場合、セキュリティ・チェックを没収し、現金化する権利を有します。同様に、売主が自らの過失または契約違反により譲渡を成功裏に完了できなかった場合、売主は買主に対して、買主の保証小切手と同額の違約金を支払う必要があります。

 

 ステップ 2

本契約 契約書Fへのサイン

契約書Fへのサインをもって正式に物件を購入する旨の意思表示となります。この契約書は弊社エージェントによって作成され、双方が合意した条件を書面にて確定します。またこの契約書へのサインをもって両当事者が取引を完了することへ法的な合意をしたことになります

 

ステップ 3

物件譲渡許可書の申請

銀行より最終のオファーを受け取った売主はデベロッパーからの譲渡許可書を申請します。この申請方法はデベロッパーによって異なっており、売主と買主が双方の同席が必要な場合もあります。この手続きはデベロッパーによっては1週間以上かかる場合があります。

 

ステップ 4

所有権の移転

不動産の所有権移転に関する許可書が発行されたらすぐに売主、買主の両者でRERAのオフィスにて不動産移転の手続きを行います。この際買主は必要な支払額の小切手、売主は不動産の移転に必要な書類を携行する必要があります。 この手続きでは買主は必要額に相当する小切手を売主に手渡しし、ドバイの土地局より買主の名前にて不動産所有証明書が発行され移転が完了します。

 

これで現金で物件を購入する場合の手順は完了です。ご不安点などございましたらいつでもお問い合わせください

 

 

 

ローンが組まれている物件を現金で購入する場合

(7 

 

 ステップ 1

手付金、保証金

売り手との間で購入金額に合意が取れた場合、まず初めに購入金額の10%分の小切手を 発行する必要があります。UAEに拠点を置く銀行であればどの銀行でも可能ですが現在の日付で発行する必要があります。この小切手は売り手のエージェントが保管し即日現金化されることはありません。保管され現金化はされません。また契約が完了した際は購入者に返却されます。 また売主は、買主の過失や契約違反により取引を成功させることができない場合、セキュリティ・チェックを没収し、現金化する権利を有します。同様に、売主が自らの過失または契約違反により譲渡を成功裏に完了できなかった場合、売主は買主に対して、買主の保証小切手と同額の違約金を支払う必要があります。

 

 ステップ 2

本契約 契約書Fへのサイン

契約書Fへのサインをもって正式に物件を購入する旨の意思表示となります。この契約書は弊社エージェントによって作成され、双方が合意した条件を書面にて確定します。またこの契約書へのサインをもって両当事者が取引を完了することへ法的な合意をしたことになります

 

ステップ 3

ライアビリティレターを申請する

最終契約書が署名された後、売主は自身がローンを組んでいる銀行に対しライアビリティレター(瑕疵担保責任証明書)を申請します。この証明書には売主のローン残高が記載されています。 銀行により異なりますがこの手続きには10-15営業日かかります

 

ステップ 4

物件譲渡許可書の申請

同席が必要な場合もあります。この手続きはデベロッパーによっては1週間以上かかる場合があります。 同席が必要な場合もあります。この手続きはデベロッパーによっては1週間以上かかる場合があります。

 

ステップ 5

ローン決済のため物件を保護

デベロッパーから NOC を取得した後、両当事者はそれぞれの代理人とともに、RERA が承認した不動産登記受託者の事務所に集まり、物件を封鎖する必要があります。この段階で、買主は売主に、売主の銀行宛に瑕疵担保責任証明書に記載されている金額のマネージャーズチェックを渡し、売主が未払いローンを決済する必要があります。この手続きが完了すると、物件はドバイ土地局によってEjaari、DEWA、Dubai Municipalityなどのすべての政府サービスでブロックされ、第三者への売却や賃貸が不可能になります。

 

ステップ 6

クリアランスレターの発行

売主の銀行は、物件に対するローン残高の全額を決済した後、モーゲージクリアランスレターを発行します。抵当権抹消許可書は、ドバイ土地局およびデベロッパー宛に発行され、売主ではなく買主の銀行のみに渡されます。買い手の銀行は、モーゲージ・クリアランス・レターと一緒に、売り手の銀行から不動産の権利証の原本も受け取ることになります。 この手続きは10~15営業日かかります。

:

 

 ステップ 7

所有権の移転

不動産の所有権移転に関する許可書が発行されたらすぐに売主、買主の両者でRERAのオフィスにて不動産移転の手続きを行います。この際買主は必要な支払額の小切手、売主は不動産の移転に必要な書類を携行する必要があります。 この手続きでは買主は必要額に相当する小切手を売主に手渡しし、ドバイの土地局より買主の名前にて不動産所有証明書が発行され移転が完了します。

 

これで現金で物件を購入する場合の手順は完了です。ご不安点などございましたらいつでもお問い合わせください

 

 

 

料金

 

ドバイ土地局登記費用-買主様ご負担

物件登録料は、物件売却額の4%です。物件譲渡日にマネージャーズチェックにてドバイ土地局にお支払いください。.

 

管理費としてAED 580を、物件の譲渡日にマネージャーズチェックを通じてドバイ土地局に支払います。

 

住宅ローン登録料 – 買主様ご負担(住宅ローン購入者のみに適用されます。)

抵当権設定登録料は、抵当権設定額の0.25%+AED290で、物件の譲渡日に買い手が小切手にてドバイ土地局に支払います。

 

抵当権抹消費用 - 売主さまご負担(抵当権付きの物件にのみ適用されます。)

イスラム抵当権

AED 1560 + AED 315を、売主から買主への物件譲渡日に、抵当権抹消費用として売主がDUBAI LAND DEPARTMENTに支払う。

コンベンショナルモーゲージ

AED 1290 + AED 315 を、売主から買主への物件譲渡日に抵当権抹消費用として売主からドバイ土地局に支払います。

  

物件予約費用 - 売主様ご負担(ローン付きの物件を現金の買い手が購入する場合に適用されます。)

売主が買主の抵当権決済のために不動産をブロックする日に、AED1020とAED525を売主からドバイ土地局にPROPERTY BLOCKING FEEとして支払う。

  

NOC発行手数料 – 売主様ご負担

デベロッパーズNOCは、デベロッパーに申請書を提出する際に、売主がデベロッパーに直接支払うものです。AED 500からAED 5000の間で設定されます。

  

受託者手数料 - 買主様ご負担

AED 4,000は、買主が不動産譲渡オフィスに現金、マネージャーズチェック、クレジットカード(受付可能な場合)で支払う必要があります。

  

代理店手数料 - 買主様ご負担

市場慣行に従い、物件の売却額の2%を最低限とする仲介手数料を、物件の譲渡日にマネージャーズチェックを通じて買主がエージェントに支払う。

 

  • 住宅用不動産または商業用不動産のいずれについても、上記の手数料に対して5%の付加価値税(VAT)が適用される場合があり、各ベンダーに支払う必要があります。
  • - 住宅用不動産の二次売買では、不動産売却額の5%の付加価値税は適用されません。
  • - 上記費用については、UAEドバイの標準的な慣習に従い、買主または売主のいずれかが負担することをお勧めします。

 

 

 

必携書類

 

個人の場合

  • 両者の有効なパスポートの原本(ビザページ付き)(UAE居住者の場合
  • 両者の有効なエミレーツIDの原本(UAE居住者の場合)
  • 両当事者のパスポート原本(入国日のスタンプがあるもの)(UAE非居住者の場合
  • 不動産デベロッパーからの異議なし証明書(NOC)の原本
  • 物件の権利証(TITLE DEED)の原本
  • 当事者のどちらか、または両方の署名者が不動産の所有者と異なる場合、任命された署名者への有効な委任状(POA)の原本が必須となります。
    -POAは、不動産の売却/購入の権利を明記し、売却のためのPOAのための不動産の詳細も明記しなければなりません。
    - - POAの有効期限は、売却の場合は発行日から2年、購入の場合は発行日から5年です。
    - - UAEで作成されたPOAの場合、UAEの裁判所から認証され、アラビア語に法的に翻訳されたものでなければなりません。
    - 海外で作成されたPOAについては、本国の裁判所、本国の領事館、本国のUAE領事館で認証され、アラビア語で合法的に翻訳され、UAE外務省で認証されなければならない。
    アラブ首長国連邦の外務省で認証されたものであること。
    .
  • POA保有者の有効なパスポート原本(ビザページ付き)(UAE居住の場合)。
  • - POA保持者の有効なエミレーツIDの原本(UAE居住者の場合)
  • 入国日のスタンプが押されたPOA保持者のパスポート原本(UAE非居住者の場合)

 

に拠点を置く本土企業の場合

  • 会社の貿易許可証の原本
  • 不動産デベロッパーからの異議なし証明書(NOC)原本
  • 不動産の権利証の原本
  • 署名者または署名者のビザページ付き有効なパスポート原本および有
  • 署名者または署名者のビザページ付き有効なパスポート原本および有効なエミレーツID原本(UAE居住者の場合)
  • 会社の正式な署名者または署名者は、以下のいずれかに該当する必要があります:
    - 貿易許可証に記載されている会社のすべての株主、所有者、パートナー
    - 会社の法的委任状(POA)保持者
  • 会社の正式な署名者が、会社の株主ではなくPOA保持者である場合、株主から任命された署名者への有効な委任状(POA)の原本が必須であり、不動産の売却および購入の権利と不動産の詳細が明記されていなければなりません。不動産売却の場合、POAは発行日から2年間有効であり、購入の場合は発行日から5年間有効です。

 

ベースフリーゾーン企業の場合

  • 貿易許可証または法人設立証明書(原本
  • 在職証明書または株主証明書の原本(発行日から1ヶ月間有効で、最終株主「自然人」までの全株主名とその株式が記載されていなければなりません。)
  • 覚書および定款の原本(アラビア語で適法に翻訳されたものである必要があります。)
  • UAEフリーゾーン当局からの異議なし証明書(NOC)原本
  • グッドスタンディング証明書(該当する場合
  • 不動産デベロッパーからの異議なし証明書(NOC)の原本
  • 物件の権利証の原本
  • UAE居住者の場合、署名者または署名者のビザページ付きの有効なパスポート原本および有効なエミレーツID原本。
  • UAE非居住者の場合、署名者または署名者の入国日のスタンプが押されたパスポートの原本
  • 会社の公認署名者または署名者は、以下のいずれかに該当する必要があります:
    - 在職証明書に記載されている会社の全株主
    - 取締役会により任命された会社の株主の1人
    - 会社の法的委任状(POA)保有者
  • 権限のある署名者が取締役会によって任命された株主の一人である場合、会社の全株主によって署名されたオリジナルの有効な取締役会決議が必要となり、不動産の売買の権利について言及されていなければなりません。
    - また、この決議には、フリーゾーン当局の認証、法的認証、アラビア語への翻訳が必要です。
  • 会社の正式な署名者がPOA保持者であり、会社の株主ではない場合、株主から任命された署名者への有効な委任状(POA)の原本が必須であり、不動産の売買の権利を明記し、不動産の詳細も明記しなければなりません。不動産売却の場合、POAは発行日から2年間有効であり、購入の場合は発行日から5年間有効です。

 

オフショア法人の場合

**購入会社(ドバイ登録)がオフショア会社の株主を持つ場合、ドバイ土地局(DLD)のNOCが必要です。
**オフショア会社の書類は、すべて本国領事館および本国UAE領事館で認証され、アラビア語に翻訳された後、UAE外務省で認証される必要があります。

 

  • 貿易許可証または法人設立証明書(原本
  • 在職証明書または株主証明書の原本(売却の場合は発行日から3ヶ月間、購入の場合は発行日から6ヶ月間有効。最終株主である「自然人」までの株主全員の氏名と持株数が記載されていること)
  • 覚書と定款の原本
  • UAEフリーゾーン当局からの異議なし証明書(NOC)原本
  • グッドスタンディング証明書(該当する場合
  • 不動産開発業者からの異議なし証明書(NOC)原本
  • 物件の権利証の原本
  • UAE居住者の場合、署名者または署名者のビザページ付きの有効なパスポート原本および有効なエミレーツIDの原本。
  • UAE非居住者の場合、署名者または署名者の入国日のスタンプが押されたパスポートの原本
  • 会社の公認署名者または署名者は、以下のいずれかに該当する必要があります:
    - 会社の在職証明書または株券に記載されている会社の全株主。
    - 取締役会により任命された会社の株主の1人。
    - 会社の法的委任状(POA)保持者。.
  • 権限のある署名者が取締役会によって任命された株主の一人である場合、会社の全株主によって署名されたオリジナルの有効な取締役会決議が必要となり、そこには不動産の売却と購入の権利について言及されていなければなりません。
    - 取締役会決議は、本国の領事館、本国のUAE領事館で認証され、アラビア語で合法的に翻訳され、UAEの外務省で認証されたものでなければなりません。
  • 会社の正式な署名者が、会社の株主ではなくPOA保持者である場合、株主から任命された署名者への有効な委任状(POA)の原本が必須であり、不動産の売却および購入の権利を明記し、不動産の詳細を明記しなければならない。不動産売却の場合、POAは発行日から2年間有効であり、購入の場合は発行日から5年間有効です。
    - UAEで作成されたPOAは、UAEの裁判所で認証され、アラビア語に法的に翻訳されたものである必要があります。
    -- UAE国外で作成されたPOAは、本国の裁判所、本国の領事館、本国のUAE領事館で認証され、アラビア語で合法的に翻訳されたものである必要があります。
      UAEの外務省で認証される必要があります。

ドバイの統合コミュニティのパイオニアであるエマール プロパティーズは、UAE でのワールドクラスの住宅の開発と納品において目覚ましい実績を残しています。エマールの画期的なプロジェクトは、今日ではライフスタイル コミュニティとして繁栄しています